VBIP(View Based Indoor Position)

○ 一般的なAR識別オブジェクトは、カメラが指定された画像を認識した時AR機能が起動します。しかし、私たちのコア技術であるVBIP(View Based Indoor Position)の認識対象が「イメージ識別の全空間」であり、すべての室内空間を正確に位置を決めてAR効果を達成することができます。

○ VBIPプログラムを使用することが必要とする領域は、例えば、デパート、ショッピングモール、地下鉄、空港、博物館、学校、駐車場などです。そして、従来の屋内配置の建設コストと比較して、大幅なコストを削減することができます。無料の360カメラ、またはスマホを介して周囲をローミングしていて、システムは自動的に編集可能な屋内マップを構築することは可能であり、追加のBluetoothや無線LANなどのハードウェアを設置する必要はありません。

○ VBIPは、コンピュータビジョン、machine learning、deep learningなどの技術を組み合わせ、キャプチャしたビデオ情報をSLAMやVIOなどのアルゴリズムを使用して、深いメッセージを持つ方式で多くの記録を行い、ユーザは録画機のカメラ体験をスタートする際、人工的な智恵を通して現在の位置と比較して、屋内の位置とAR効果を完成させます。

○実際に使用する画面

動画をご参照してください

https://www.youtube.com/watch?v=b8KUE_JLfNU&feature=youtu.be&app=desktop

お問い合わせ:
電話番号:03−5939−9388
電子メール:info@mitsugibrand.com